医局員募集

ホームへ戻る

外科専攻医

2019年入局中西 智也

私が近畿大学病院の外科に入局したのは、外科学というものがいかに面白く、やりがいのある仕事かという事を初期研修医の頃に感じたからです。外科を研修中、先輩の先生方から外科手技についてでなく、外科学に関することを沢山熱心に教えていただき、近年外科医が少なくなってきている状況であっても、是非この医局で働きたいと思える魅力を感じ、一人でも多くの患者を手術により救いたいという熱意が沸き起こりました。

少しでも当院外科に興味のある初期研修医の先生方は短期間でもいいので外科を研修していただき、ともに仕事をする楽しさや、やりがいを感じて頂けると確信しております。

是非皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしております。

2019年入局福田 祥大

大学病院ということもあり、症例数が多いのはもちろんのこと、幅広く疾患を経験することができます。1年目から腹腔鏡下のヘルニア手術も熟練した指導医のもとで執刀ができます。医局のスタッフは教育熱心な先生方ばかりで、わからないことがあれば術後であっても夜遅くまで指導してくださいます。勉強になることばかりで、忙しいながらも本当に充実した毎日を送っております。近畿大学病院は外科専攻医としてローテートする病院として、最高の場所であると思います。いつの日か皆様と一緒に働ける日を、心待ちにしております。

2019年入局好田 匡志

近畿大学外科学教室は、上部消化管、下部消化管、呼吸器、乳腺・内分泌、小児、内視鏡外科の6つの部門に分かれており、幅広い分野の症例を経験することができます。また、高難易度手術やロボット支援下手術などの大学病院でしか経験できないような専門性の高い治療を経験できるのが特徴です。外科専門医取得に必要な症例は1年もあれば難なく経験することも可能です。また経験豊富な先生方による教育面のサポートも充実しています。専攻医1年目から外来やヘルニアの執刀などの経験ができ、上級医のフィードバックも十分に行われるため外科医としての成長を感じることができます。是非とも一緒に働きましょう!

このページの最上部へ戻る